1. ホーム
  2. 常設展示

常設展示

童画・版画・著書等

外観の三角屋根を内側からも感じられる空間の中に童画・版画・著書等の作品を中心に展示

じゃんけん
武井武雄展示室

刊本作品

『刊本作品』とは・・・

制作に当たり何を素材とするかを決め、その素材を生かしながら絵・文字・装幀・函、印刷方法に至るまですべてが一体の作品であるという視点にたち、一冊ごとにそれぞれ特徴ある芸術作品として制作されました。
当初は、「おもちゃ」という概念の中から制作されましたが次第に美の表現を追求した「本の芸術」として完成されていきました。 制作過程も特殊な作品が多く、例えば世界最古の紙「パピルス」を本の素材として用いるために現地から苗を取り寄せて栽培し、紙をすくという工程を辿り、完成までに実に四年半を要したものもあります。

【刊本作品-常設展示】

自らのライフワークとして生涯をかけて制作し、「本の宝石」 とも呼ばれている、139冊の刊本作品に関する展示。139冊の刊本作品の中から15冊位を入れ替え展示しています。刊本作品専用本箱も展示。

刊本作品
刊本作品専用箱
刊本作品展示室

刊本作品№108 ナイルの葦

パピルスの茎で作った紙は、世界最古の紙と言われています。紙を母体とする本というものからすると、ご先祖であるパピルスで刊本作品を作らねばなるまい、ということから作られました。幸いにも高山でパピルスを漉いている職人がおり、好調に制作がすすむかと思われました。ところが、パピルスの紙は、種から育て、収穫し、乾燥させる工程があり、更に、1日3枚しか漉くことができないものでした。
こうして4年半の歳月をかけ、「ナイルの葦」は完成したのです。

108ナイルの葦 表紙
ナイルの葦
ストーリー
美しく純情な少女パピリヨネを取り合う王と詩人は剣を交えて戦ったが、決着はつかず、それを不服に思った王は詩人を暗殺してしまう。王が大嫌いだったパピリヨネは、ナイルの川に身を投げた。そこから葦が生え、その葦で出来た紙を人々は「パピルス」と呼んだのだった。

余技作品

コースターや絵入りの小さな陶額等、本人が余技作品と呼んでいた作品を中心に構成するとともに、室内の壁画に刊本作品「迅四郎の窓」の世界を再現したステンドグラスを配置

『螢の塔』とは・・・

武井武雄は、大正末から昭和初期にかけて、子どもの玩具の重要性に関心をもち、日本の郷土玩具を研究、蒐集(しゅうしゅう)し、陳列館をつくりました。 この館は北原白秋により「螢の塔」と命名されました。

余技作品展示室
アイウエおもちゃ
ミニ屏風

モーリス・センダック コレクション展

日本で初めてのセンダックコレクション

世界中のこども達を魅了しつづけるモーリス・センダック。
日本一の収蔵を誇る当童画館で、センダック作品を展示。

※作品保護のため、展示していない場合があります。詳しくは年間スケジュールをご覧ください

「そのかいじゅうたちは世界中の子どもをとりこにした」

モーリス・センダック Maurice Sendak (1928~2012アメリカ)

1928年、アメリカ、ニューヨーク市、ブルックリンのゲットー生まれ。 ミッキーマウスと同じ年に生まれたセンダックは、大のミッキーファンでもあり、 その影響を強く受けました。 高校卒業後、ニューヨークのF.A.Oシュワーツ玩具店で働きながら、アート・ スチューデンツ・リーグの夜間部に通ってデザインの勉強を続けました。 その後、絵本の挿絵の仕事をきっかけに、子どもの本の世界で仕事をすることとなります。 コールデコットにあこがれていたセンダックは、初めその模写を好んで使ってましたが、 次第に幼年時代の自分自身を絵本世界の中に発見するようになり、独特の画風とストーリーを 築き上げていきました。絵本「かいじゅうたちのいるところ」では、アメリカ絵本最高栄誉賞、 コールデコット賞金賞を受賞し、世界中の子どもたちに夢を与える絵本として高い評価を受けました。 センダックの3部作といわれる、他の2つの絵本作品に「まよなかのだいどころ」 と「まどのそとのそのまたむこう」があります。世界を代表するイラストレーターとして活躍し、今なお世界中の子どもたちに愛されています。

「F.A.Oシュワーツ玩具店カタログ」
(C) Maurice Sendak
1988 All Rights Reserved
(C) Maurice Sendak
1977 All Rights Reserved
(C)Maurice Sendak 1962:63
All Rights Reserved
ご来館が困難な方へは、通信販売を行っております。
オンラインショップ
絵本ライブラリーはらっぱへの入場は無料です。親子で参加できるイベントが盛だくさん!
絵本ライブラリーはらっぱ
21世紀における新しい児童文化の創造を目指して“日本童画大賞”を実施しています。
日本童画大賞
▲ページの上部へ戻る