1. ホーム
  2. ツペラ ツペラ パラペラプラ展 tupera tuperaの絵本の世界

企画展

ツペラ ツペラ パラペラプラ展 tupera tuperaの絵本の世界

tuperatupera.jpg

2016年6月23日(木) - 9月5日(月)

アートユニット tupera tupera(ツペラ ツペラ)の絵本作品は、そのデザイン性の高さ、そして文章の痛快な面白さから多くのファンを魅了しており、今最も人気のある絵本作家です。

一見、デジタルで作られたかと思われがちですが、実はすべて手作業で作られています。その驚くべき細かさ、色彩の美しさは見る人の心をワクワクさせる要素が満ち溢れ、読者を飽きさせることがありません。このような妥協しない作品作りをしているからこそ、多くの読者が惹きつけられているのでしょう。

本展では tupera tupera の作りこまれた原画の美しさをご覧いただくとともに、どのように作られているか、じっくりご覧いただきます。
tupera tupera の絵本の世界を、本をパラパラめくってペラペラお話してプラプラと歩みを進めながら、お楽しみください。


tuperatupera01.jpg
『POOKA+』表紙 2012年学研プラス

tupera tupera (ツペラ ツペラ)

亀山達矢と中川敦子によるユニット。絵本やイラストレーションだけでなく、工作、アニメーション、ワークショップ、舞台美術、雑貨制作など、ジャンルを問わず幅広く活動している。NHK Eテレの工作番組「ノージーのひらめき工房」のアートディレクションも担当。『しろくまのパンツ』(ブロンズ新社)で第18回日本絵本賞読者賞、Prix Du Livre Jeunesse Marseille2014(マルセイユこどもの本大賞2014)グランプリを受賞など、受賞歴多数。

http://www.tupera-tupera.com/

 

tuperatupera10.jpg

日時 2016年7月31日(日)
時間 午後1時30分~
場所 イルフ童画館1階
応募方法 ご希望の方は往復はがきをお送りください。
代表者の方の住所、氏名、電話番号、実際に参加される方全員の氏名、年齢を明記のうえ、7月8日(金)必着。
翌週までに返信いたします。
宛先 〒394-0027 長野県岡谷市中央町2-2-1 イルフ童画館
※応募多数の場所は抽選とさせていただきます。

 

あそびと創造の宝箱展

武井武雄の作品は、絵画や私刊本などが有名ですが、実はそれだけではありません。「ことば」も武井作品のひとつです。たとえば、イルフ童画館のイルフという言葉は武井が作った言葉で、古い(フルイ)の反対で新しいという意味を持ちます。

ことば遊びだけでなく、紙や布のコラージュや判じ絵など、作品を作る方法は多岐にわたります。それは、年賀状や団扇などの身の回りの物だけでなく、絵本原画や私刊本などの創作にも生かされました。

武井は八十八歳で亡くなるまで作品を作り続けました。遊びを取り入れることが、飽きやアイディアの枯渇などから無縁だった理由かもしれません。

どんな風に遊んで創作しているのか、文字通り遊びながら、お楽しみください。

 

ilf-night-bn.jpg

 

tuperatupera09.jpg

 

ご来館が困難な方へは、通信販売を行っております。
オンラインショップ
絵本ライブラリーはらっぱへの入場は無料です。親子で参加できるイベントが盛だくさん!
はらっぱカレンダー
21世紀における新しい児童文化の創造を目指して“日本童画大賞”を実施しています。
日本童画大賞
▲ページの上部へ戻る